サイトM&Aのデメリットは?

競業禁止義務に注意しよう

自分のサイトを相手に売るのがサイトM&Aです。これはまとまった金額が手に入るメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。まず、売却した金額を利用して新しいサイトを立ち上げたいときには競業禁止義務を理解しておく必要があるので注意しましょう。これはサイトを売却するときの契約書に書かれているもので、売却後はすぐに同じようなサイトを作ってはいけないというルールが設定されています。売った直後に同じサイトを作ってしまうと買い取り手に不利益が生じてしまう可能性があり、それを防ぐためです。決まった期間は設定されておらず、売却をしたときに仲介業者が決めるのが一般的です。そのため、新規サイトを作るときは競業禁止義務の内容や期間を把握しましょう。

収益の減少と引き継ぎも注意

毎月収益を得ているアフィリエイトを運営している方は売却をするときに注意が必要です。サイトM&Aは手持ちのサイトを売ることになりますから、当然収益が減ってしまいます。まとまった金額が手に入る一方、収入源が1つ減ってしまうので長期的に見てどれくらいの収入を得られるのかを把握しておく必要があります。また、売る際は次に手に入れた金額で何をするのか計画を立てておくのが基本です。アフィリエイトサイトの場合はASP会社に登録して企業と契約を行っている方もいるでしょう。サイト売却によりサイト運営者が変更されると契約を再度行わないといけない点は知っておいた方が無難です。また、アフィリエイトだけではなく、個人が企業と何らかの契約をしているときも引き継ぎはできません。